経営理念
私たちは、「冷めても温もりのあるお弁当」をお届けしたい
行動規範
  • ・常に謙虚となり、「指導される力」を磨き続ける
  • ・営業やマーケティングを超えて、プロダクトの優位性を保つ
  • ・スケジュールの20%程度を創造的な時間やプロジェクトに費やす
  • ・知恵を出し行動した人、プロジェクトによる失敗の責任は会社が負う
  • ・個々の人格としての成長による、組織としての成長を目指す
  • ・年齢、立場、年数にとらわれる事なく、正当に評価する
  • ・全員がコストを意識し、毎年増収増益企業で組織を満たす
  • ・「良質」が「悪質」を駆逐する企業文化を目指す
  • ・和を以って貴しとなす
社長挨拶
 株式会社RISEは『おむすび専門店』として大阪心斎橋で誕生いたしました。
創業したことにはある思いがありました。サラリーマン時代長い会議の合間に用意されていた「お弁当」、当時の私にとっては緊迫した会議の唯一無二の安らぎの時間であり昼からの英気を養う時間でもありました。
「冷たいお弁当」を食べながら「冷めても温もりのあるお弁当」を作れないのか?お腹を満たすだけでなく笑顔がこぼれるお弁当があればもっと濃い会議になるのでは・・・そんな思いが日々大きくなり創業にいたりました。
創業以来さまざまなお客様から、さまざまな教えをいただきました。それが今日の当社の礎となっております。
今後も当社を支えてくださっている『お客様』『スタッフ』『当社を取巻く人達』を大切にし、食べ物を通じて『必要とされる企業』として社会に貢献していきたいと考えています。

代表取締役社長 酒井忠之

沿革
平成16年 4月 設立
平成16年 9月 『おむすび専門店おむころ』開店
平成17年 1月 京阪百貨店販売開始
平成17年 2月 大丸百貨店販売開始
平成17年 3月 大阪営業所開設
平成17年 4月 阪急百貨店販売開始
平成18年 7月 『炭火たいまつ』開店
平成18年 8月 JR西日本駅構内販売開始
平成19年 2月 農林水産省『おはよう朝ごはん』スタート
平成20年 5月 『おむころ』ららぽーと甲子園店開店
平成21年10月 『旬菜 六文銭』開店
平成22年 1月 農林水産省『22年度おはよう朝ごはん』
平成23年 4月 オードブル専門店『パプリカ』販売開始
平成23年10月 『心斎橋かぐら』販売開始
平成24年 1月 大阪営業所移転
平成26年10月 『船場の台所』販売開始
平成28年11月 本社移転
平成29年 4月 東京渋谷『レガラート』 関西店運営開始
平成30年 6月 『淡路島いざなみ』販売開始
平成30年10月 本社移転(現在の大阪市東成区玉津)
平成30年10月 セントラルキッチン新設移転(現在の大阪市東成区玉津)
令和 2年 1月 『喜作庵』販売開始